全件表示TopRSS
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| page top↑
八百比丘尼伝説
2006 / 09 / 21 ( Thu )
book.jpg
図書館で地区の昔話の本を見つける。
こういったものは子どもだましではなく、意外に歴史資料として重要だったりする。なにより面白く読みやすい。
歴然とした事実だけでなく、“人々がそう思っていた、信じていた”ということに実は真実が隠されている気がする。だからこういった本を読むのだ~いすき。

と、その中になんとあの『八百比丘尼』の話が出てきたのである。
東京都北区になんで八百比丘尼なんだぁぁ??


八百比丘尼
若狭の国、勢浜の長者・高橋権太夫の娘で、白雉5年(654年)生まれ。
あるとき庄屋の家で、浜で拾ったという人魚の肉がふるまわれた。
人魚の肉は、食べれば永遠の命と若さが手に入るといわれている。村の人々はそれでも恐怖と無気味さが先に立ち食べることはできなかった。食べるふりをしてその場ではふところに隠し、帰り道にみんな捨ててしまったのである。
だが高橋権太夫だけは捨てずに、こっそり隠しておいた。
その人魚の肉を、娘が盗み食いしてしまう。
娘は以来十代の美しさを保ったまま何百年も生きた。しかし結婚しても夫だけでなく子供にすら先立たれ、両親も友人も死んでしまう。世の無常をはかなみ、娘は出家した。
そして、全国をまわり貧民救済、土地の開墾、長寿の教えなどを説いたそうだ。
その際に椿の木を植えたといわれ、八百比丘尼ゆかりの地には椿が必ずあるという。
最後にはまた若狭へ戻り空印寺の洞穴に入定したといわれている。(以上は数あるいいつたえの一説)


八百比丘尼が全国をまわった際に、この北区にも立ち寄ったという話になっているわけだ。

北区の昔話はこうなっている

堂山の八百比丘尼
今から千年以上も昔のことであります。当時の東京湾はとても深く入り込んでいて、現在の堂山は海中の小島だったそうです。その小島に、ある日尊い仏像を携えた尼さんが小舟に乗って流れ着きました。その尼さんがあの有名な八百比丘尼でした。この尼さんは娘のころ世にも珍しい人魚の肉を食べたとかで、それからは年をとらなくなり八百歳までも生き長らえたといいます。
 長生きしたのはいいが、親兄弟や村人も死んでしまい、残された彼女は無情を感じて尼となって諸国修業に旅立ったのでした。その有名な尼さんが仏像を携えて小島に流れ着いたのを知った村人たちは大変に喜んで、新しくお堂を建てて尼を住まわせ、教えを受けたといいます。そのいわれを詠みこんだ「堂山和讃(わさん)」がこの地に伝わっており、かっては、善男善女がこの堂山のお堂に集って『帰命頂礼(きみょうちょうらい)袋村、堂山上にたち給う、阿弥陀如来はその昔、比辺千尋(ちひろ)の海の時、若狭の国より船に乗り、八百比丘尼が来りけり……」と随喜(ずいき)の涙を流しながら繰返し唱和していたといいます。
 今ではお堂もなくなり、和讃も聞かれません。尼が流れ着いた時に船のとも綱をつないだ杭に芽がふいて成長し、大木になったものの、上に伸びないで横に伸びたので「倒れ松」と呼ばれたといいますが、どの辺りに生えていたのでしょうか。なお付近にその時乗ってきた小舟が埋まっているとも伝えられています。


ということで、現在の堂山にいってみた。
荒川が整備され、水害に悩むことのほとんどなくなった現在は、その川沿いの平らな場所は一面住宅街である。
しかし、当時は川幅も広く、というより川と海の境のような、あるいは湿地帯の広がるところだったと想像できる。その中に水の浸食にたえた小島があり、それが堂山だというのである。

zenkei.jpg

木のこんもりした小山が堂山。なるほど、頭の中で周辺の家々を取っ払って見ると、“海中の小島だった”という表現が理解できる。画面の奥に荒川がある。

では、近づいてみよう。
do.jpg
堂山の登り口。階段は寛保二年(1742年)に完成したもよう。

jizo.jpg
階段供養のために作られたお地蔵様。

tubaki.jpg
階段脇には、八百比丘尼ゆかりの地らしく、椿の大木がある。

top.jpg
堂山頂上、とはいっても現在の道路からは30m程度。この平らなところに阿弥陀堂をたてたのだろうか。今は面影はない。きちんと整備されている風でもない。風化、という言葉通り。

現在は堂山のほとんどが墓所になっており、(神聖な場所として考え続けられているのは確かだが) 地元民でもほとんど由来を知らない場所となってしまっている。かくいう自分も、息子の幼稚園時代に毎日この前を通っていたのに、ぜーんぜん知らなかったー(^-^;

こうした思いもかけない場所を発見するのも、歴史散歩の醍醐味である。
スポンサーサイト

トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| TOP | トイレ博物館>>
コメント
--こんにちは!--

きょうは秋晴れのさわやかな空ですね

こんなふうにたどっていくと
見過ごしていた場所や風景がきゅうに親しみをもって近づいてくるから不思議
カメ級のテンポで散歩してたくなりました
by: きのみ * xz91yQwA * URL * 2006/09/23 * 11:05 [ 編集] | top↑
----

新首相に何を告げるか秋の雷 (介山)

>カメ級のテンポで散歩してたくなりました
それ、とてもいいですね~♪
今までの転勤先で気がついたのですが、地元のことにあまり興味が無い人が結構いる。
自分でもそれを反省して、地元のプロになろうと思います(笑)
by: るう * oWMM.ioY * URL * 2006/09/27 * 12:08 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kleinehexe.blog67.fc2.com/tb.php/17-2a6a943a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。